会社経営

【業務効率化】入退室記録を勤怠管理に活かそう

2021.10.01

書いてあること

主な読者:
勤怠管理業務の効率化を図りたい経営者、労務担当者
課題:
従業員の勤務体系が多様化。労働時間の適正把握は重要だが手間がかかる
解決策:
入退室管理システムやクラウド型勤怠管理システムの導入、連携を検討する

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

執筆者

日本情報マート

中小企業の頼れる情報源として、経営者の意思決定をサポートするコンテンツを配信。「開業収支」「業界動向」「朝礼スピーチ」など2000本を超えるコンテンツを有するほか、年間200件以上の市場調査も行っている。現在、50を超える金融機関に情報提供を行っている。