会社経営

【改正民法に対応】経営者個人から債権回収できるか否かの
判断基準と回収手順

2020.08.31

書いてあること

主な読者:
経営者個人から債権回収をしたい経営者
課題:
法的に債権回収が可能なのか分からない
解決策:
「会社形態、連帯保証、法人と個人の同一性、経営者の行為の違法性」で判断

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

執筆者

日本情報マート

中小企業の頼れる情報源として、経営者の意思決定をサポートするコンテンツを配信。「開業収支」「業界動向」「朝礼スピーチ」など2000本を超えるコンテンツを有するほか、年間200件以上の市場調査も行っている。現在、50を超える金融機関に情報提供を行っている。