人材

「70歳までの就業機会確保」法制化へ…企業の選択肢は?

2020.08.25

書いてあること

主な読者:
50代以上の高齢社員を多く抱える企業の経営者
課題:
2021年4月1日より「70歳までの就業機会確保」が努力義務化されるが、自社では何歳まで雇用すべきか
解決策:
延長、継続雇用など各選択肢の特徴を押さえる

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

執筆者

日本情報マート

中小企業の頼れる情報源として、経営者の意思決定をサポートするコンテンツを配信。「開業収支」「業界動向」「朝礼スピーチ」など2000本を超えるコンテンツを有するほか、年間200件以上の市場調査も行っている。現在、50を超える金融機関に情報提供を行っている。