人材

自社が雇用できる外国人労働者が分かる! 複雑な区分を解

2021.09.16

書いてあること

主な読者:
外国人雇用を検討している会社、またはすでに雇用している会社の経営者
課題:
コロナ禍で外国人の受け入れが難しい、経営状況の変化で雇用の見通しが立たない
解決策:
「どの在留資格の外国人を、何年間雇用するのか」計画を立てた上で雇用する。現在雇用している外国人の就労期間を確認し、更新の手続きを怠らない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

執筆者

日本情報マート

中小企業の頼れる情報源として、経営者の意思決定をサポートするコンテンツを配信。「開業収支」「業界動向」「朝礼スピーチ」など2000本を超えるコンテンツを有するほか、年間200件以上の市場調査も行っている。現在、50を超える金融機関に情報提供を行っている。