人材

もしものときに使える社会労働保険の給付(プライベート編

2020.09.02

書いてあること

主な読者:
社員が傷病や障害によって働けなくなった場合の生活保障や、死亡した場合の遺族保障の内容を見直したい経営者、人事労務担当者
課題:
見直しに当たり、まず社会労働保険からどのような給付が出るのかを知りたいが、プライベートと労働災害とで給付の内容が異なるなど、制度が複雑で分かりにくい
解決策:
どのような場合にどのような給付が受けられるかを、チャート形式で整理する

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

執筆者

日本情報マート

中小企業の頼れる情報源として、経営者の意思決定をサポートするコンテンツを配信。「開業収支」「業界動向」「朝礼スピーチ」など2000本を超えるコンテンツを有するほか、年間200件以上の市場調査も行っている。現在、50を超える金融機関に情報提供を行っている。