税務・財務・会計

親族以外、M&A――弁護士が教える今どきの事業承継

2020.03.26

書いてあること

主な読者:
親族内で後継者が見つからず、事業承継が進まないオーナー経営者
課題:
親族外後継者とした場合、事業承継方法も様々であるため、どのような承継方法が近年増えているのか実態を知りたい
解決策:
低コストに事業承継をすすめることができる持株会社(新設)を活用した承継方法を解説

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

執筆者

日本情報マート

中小企業の頼れる情報源として、経営者の意思決定をサポートするコンテンツを配信。「開業収支」「業界動向」「朝礼スピーチ」など2000本を超えるコンテンツを有するほか、年間200件以上の市場調査も行っている。現在、50を超える金融機関に情報提供を行っている。